趣味として麻雀を始めよう Part1

麻雀と聞いてどんなことを想像するでしょうか。麻雀をまったくやらないひとから見ると、あまりまじめではない学生たちが授業をさぼったり放課後の空いた時間を使ったりして、部室や空き教室などでたむろして打つ様子や、煙草の煙が充満しているビルの階の一つで深夜まで、時として何か賭けながら打つ様子などをイメージしてしまうかもしれないです。もちろんそういう人もいるかもしれないですが、それはやや昔のイメージです。今は麻雀は先を読む力を養える競技として、広くたくさんの人々に親しまれています。麻雀のルールは簡単に言うと、牌を一枚とって一枚捨てるを繰り返し、3枚ごとのペアを4つと2枚のペアを1つ作って役という上がれる状態を作り、その役を作ることが最も早かった人が点数を受け取るというゲームです。一枚とって一枚捨てるのループなので、麻雀は運の要素が強いという人もいますが、相手がどの牌をどんなふうにそろえているのかを相手が捨てたいらない牌から予測して、自分が揃えやすい揃え方はどんな揃え方だろうかと考えたり、相手に上がらせないようにうまく捨てる牌を意図的に選び、相手が自分より早く上がってしまわないようにします。

映像制作

除霊

羽村市 不動産

妊娠には保険

診察券